stone-008 of Reading Space TIARA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


見える世界も見えない世界もどちらも大切。北青山・スピリチュアルサロン

IMG_4717.JPG

IMG_4716.JPG

IMG_4112.JPG

NO.008

「レインドロップ」 reindoroppu

■使用している石:シーブルーカルセドニー/4A,グリーンムーンストーン,ローズクォーツ,水晶
■サイズ:16.7cm ※調整不可
■浄化法:月光浴,香り

■Message from our stone ~石達からのメッセージ~

カラフルな雨粒と戯れる豊かな時間」
~インナーチャイルドと仲良くなりたい方に~

屋根や木々の葉に落ちる雨音のような石達のおしゃべりが聴こえてきそうなこのブレスレットは、非常に繊細なエネルギーを持っています。春の青空のような水色をした「シーブルーカルセドニー」、とろけるようなグリーンの「グリーンムーンストーン」、とても薄いピンク色の「ローズクォーツ」、そしてどこまでもクリアな「水晶」…という4種類の石を使ったカラフルなデザインですが、石達のエネルギーがどれも喧嘩することなく調和がとれているので、とても上品で可愛らしい仕上がりとなっています。このブレスレットは雨上がりに空に虹を見つけたり、道路に出来た水溜りで遊ぶ子どものような、ピュアなエネルギーを持っています。身につけることで、貴方の中のインナーチャイルドが喜ぶ顔が目に浮かびます

シーブルーカルセドニー

穏やかなエネルギーに満ちた石

◆特徴: “人と人の縁をつなぐ石”と呼ばれる「カルセドニー」の中でも海の色をした「シーブルーカルセドニー」は、ブルーの象徴する「コミュニケーション能力」を持ち、とても穏やかなエネルギーの石なので、人間関係で疲れたときや、より良好な信頼関係を築く時に力を与えてくれます。その他、身体のエネルギーバランスを調え、深い癒しとリラックスをもたらすパワーもあり、眺めるだけで優しい気持ちになれます。
◆浄化法: 月光浴・香り・水晶
◆取り扱い上の注意: 水と紫外線にやや弱い傾向があるため、汗をかくときや手洗いの時には取り外し、長時間、水にさらしたり直射日光に当てないように気をつけましょう。水がついたらしっかりふき取ってあげること。

グリーンムーンストーン

月の神秘的なパワーを宿す石

◆特徴: 月による影響が高いといわれる「ムーンストーン」。その中でもグリーン色をしたこの「グリーンムーンストーン」は、自分のスペースを守護する力が強い石です。このため、自分以外のエネルギーに振り回されたくない人には、心強いサポートをくれることでしょう。また、女性の心身を安定させたり、恋愛を成就させたりする力に優れている「ムーンストーン」の特性を持っているので、女性の持つ護符としては最適な石ともいえます。
◆浄化法: 香り・月光浴・流水・日光浴・塩
◆取り扱い上の注意: 日光・水・塩に強いので、お手入れは比較的簡単です。通常に扱っていれば問題はありません。浄化には特に月光浴が適しています。

ローズクォーツ

女神ヴィーナスの力を宿す愛と美の石

◆特徴: 愛と美の女神ヴィーナスの力を宿した石といわれる「ローズクォーツ」。女性性を高めてくれるこの石は、肌に張りと潤いをもたらし、若さと美しさを保つのはもちろん、女性ホルモンのバランスを調え、婦人科系のトラブルを改善したり咳を抑える働きがあるとも言われています。持つ人のエネルギーと共鳴し、調子が良いときは中から輝きを増し、エネルギーがダウンしてくると石が灰色がかってきます。
◆浄化法: 流水・日光浴・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意: 日光には弱いので直射日光にご注意を。海から誕生した女神ヴィーナスのエネルギーを持つので、海水につけるとパワーアップします。石が輝きを失ったときは1週間~10日間ほど、クラスターの上で休ませてあげるとよいでしょう。

水晶(クリスタルクォーツ)

古より人々に愛されてきたパワーストーン

◆特徴: 日本の国石でもある「水晶」。古い和名は「水精」。奈良時代には、水の精が宿る石と考えられていたそうです。世界各地の様々な宗教や儀式等で使われ続けたきた、最もポピュラーでパワフルなパワーストーンです。浄化力が高く、冷静さをもたらしてくれるので集中力を高めるといった“水”のエネルギーを強調したような特徴があります。
◆浄化法: 流水・日光浴・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意: きれいな水を好みます。透き通った海や湧き水など、自然の清水にさらすことでパワーチャージが出来ます。浄化力が強いため、ときどき、日光に当てることも重要です。また、石が疲れてくると黄色に変色することがあります。そうなったら、身につけるのは止めて、土に埋めるなど自然に還しましょう。そうならないためにもこまめなケアを心がけてくださいね。