stone-012 of Reading Space TIARA

印刷用表示 |テキストサイズ 小 |中 |大 |


見える世界も見えない世界もどちらも大切。北青山・スピリチュアルサロン

IMG_4779.JPG

IMG_4159.JPG

IMG_4782.JPG

IMG_4160.JPG

NO.012

「瞑想」 meisou

■使用している石:ムーンストーン,ラベンダーアメシスト/AA++,ローズクォーツ,水晶/AAA,ガーネット
■サイズ:16.2cm ※調整不可
■浄化法:流水,月光浴,香り

■Message from our stone ~石達からのメッセージ~

恋は目で見ず、心で見るもの byシェイクスピア」
~集中力を高め、美と知性を磨きたい方に~

ブレスレットネームの「瞑想」という言葉には、“神とつながる”というような悟りや智恵といったスピリチュアルなイメージがあり、少し敷居が高いと感じてしまうかもしれませんが、これはそうした意味での「瞑想」ではなく、心身の静寂の中で自己の集中力を高めるとても現実的なイメージを持つ「瞑想」という意味で名付けました。キーストーンとなる大きめの「ムーンストーン」、上品な薄紫色をした「ラベンダーアメシスト」、淡いピンクの「ローズクォーツ」と「水晶」からなるデザインが生み出すエネルギーは、華やかかつとても知性的で誠実です。身につけることで、貴方の中にある混乱や不信、恐れのエネルギーを上手に解放し、貴方の波動を高めていきます。もしかしたら、石達から「もっと知性を磨きなさい」というメッセージがやってくるかもしれません。その時はどうか逆らわないであげてください。その知性は貴方の美をさらに輝かしてくれるに違いありませんから♪

ムーンストーン

恋人との愛を深め、旅の護符にもなる石

◆特徴: 古来インドでは、月の輝きが凝固してできた結晶と信じられていた「ムーンストーン」。月のパワーに共鳴し、無意識と女性性にも深い関連があるため、潜在能力を引き出したり、女性の体調不良にも力を発揮してくれます。中世ヨーロッパでは「旅人の石」と呼ばれ、旅の安全はもちろん、旅先での貴重な経験をもたらしてくれる護符となるでしょう。恋人に贈ると愛が一層深まる、という言い伝えもあります。
◆浄化法: 月光浴・香り・水晶・流水
◆取り扱い上の注意: 日光・塩・水とすべてに強いので、お手入れで特に注意することはありません。月明かりの中でパワーが発揮される石なので、満月の夜に月光浴を行うのもおススメです。

ラベンダーアメシスト/アメシスト

スピリチュアリティを高める石

◆特徴: 水晶の中では、エネルギー値は最高位といわれる「アメシスト」。「司教の石」とも呼ばれるこの石は、霊的な目覚めを促し、いわゆる第六感を高めてくれるので、霊的な感受性の強い人の護符として最適です。名前は「酒に酔わない」というギリシャ語のアメテュストスに由来し、そこから転じて「恋の悪酔いから身を守る」とも言われ、“誠実な愛を呼ぶ石”として知られています。アメシストの中でも、半透明で薄めの色の「ラベンダーアメシスト」は安らかな眠りを誘う効果が高いといわれ最近、人気が高まっています。
◆浄化法: 流水・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意: 日光を嫌い、太陽光により変色・退色の恐れがあるため、長時間の日光浴や直射日光は避けること。

ローズクォーツ

女神ヴィーナスの力を宿す愛と美の石

◆特徴: 愛と美の女神ヴィーナスの力を宿した石といわれる「ローズクォーツ」。女性性を高めてくれるこの石は、肌に張りと潤いをもたらし、若さと美しさを保つのはもちろん、女性ホルモンのバランスを調え、婦人科系のトラブルを改善したり咳を抑える働きがあるとも言われています。持つ人のエネルギーと共鳴し、調子が良いときは中から輝きを増し、エネルギーがダウンしてくると石が灰色がかってきます。
◆浄化法: 流水・日光浴・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意: 日光には弱いので直射日光にご注意を。海から誕生した女神ヴィーナスのエネルギーを持つので、海水につけるとパワーアップします。石が輝きを失ったときは1週間~10日間ほど、クラスターの上で休ませてあげるとよいでしょう。

水晶(クリスタルクォーツ)

古より人々に愛されてきたパワーストーン

◆特徴: 日本の国石でもある「水晶」。古い和名は「水精」。奈良時代には、水の精が宿る石と考えられていたそうです。世界各地の様々な宗教や儀式等で使われ続けたきた、最もポピュラーでパワフルなパワーストーンです。浄化力が高く、冷静さをもたらしてくれるので集中力を高めるといった“水”のエネルギーを強調したような特徴があります。
◆浄化法: 流水・日光浴・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意: きれいな水を好みます。透き通った海や湧き水など、自然の清水にさらすことでパワーチャージが出来ます。浄化力が強いため、ときどき、日光に当てることも重要です。また、石が疲れてくると黄色に変色することがあります。そうなったら、身につけるのは止めて、土に埋めるなど自然に還しましょう。そうならないためにもこまめなケアを心がけてくださいね。

ガーネット

聖書にも登場する1月の誕生石

◆特徴: ユダヤ教では「真理の道を照らす石」とされ、大司祭の胸当てや護符として用いられたガーネット。和名は「石榴石(ざくろいし)」と呼ばれ、ザクロの実同様の美しい深紅色が特徴です。生命力に満ち、強い浄化力を持つこの石は、愛を継続させる「情熱の石」と呼ばれたほか、古代では「血止めの石」として、また外傷から身を守る護符としても重宝されていました。
◆浄化法: 流水・日光浴・水晶・月光浴・香り
◆取り扱い上の注意:硬度も高く、水や光に強い石ですが、塩分には弱いので、塩の上に長時間置かないようにご注意を。それ以外は通常に扱う分には問題ありません。